小説

ここでは、小説など縦書きの文章が中心の本の作成方法を説明します。

想定する本の仕様

  • コンテンツ
    • 表紙
    • 巻頭カラーピンナップ
    • 目次
    • 本文(挿絵ありのWordファイル)
    • おまけ(表紙&裏表紙の画像)
  • 装丁
    • 右綴じ
    • 縦書き

手順(Wordの場合)

  1. 内容の用意
    各位の創作力を信じて準備します。コンテンツの登録
    Wordでの書き方を「Word編集のポイント(小説編)」で紹介しています。ぜひ、参考にしてください。
  2. LeMEで新規作成を選択し、画像・本文などのファイルをドラッグ&ドロップして登録します。
    1. 表紙の設定
      「表紙」画像を選択し、画面右側の「表紙に指定」をチェックします。
      画像のプレビューにピンクの縁取りが追加されます。
    2. 画像ページの設定
      「おまけ」ページを例に説明します。
      画像を選択し、「見出しレベル」のドロップダウンリストから「見出し1」を選択し、「見出しテキスト」に「おまけ(表紙&裏表紙)」など目次に登録するタイトルを入力します。
      小説-画像ページの設定例「画像の取り扱い」は、1画面に全体を表示する場合は「全画面」を選択し、BOOK☆WALKERさんのめがイラストのようにスクロール表示をさせたい場合は「スクロール」を選択します。横長の画像は、以下ように横にスクロールさせて全体を見せるイメージにできます。
      画像のスクロール設定見え方
    3. 目次
      目次にはリーダーアプリケーションが表示するものと、コンテンツの本文に埋め込むもの2種類があります。
      目次の違いの説明画像を選択して登録した「見出し設定」は、リーダーアプリケーションによって表示されます。表紙もこちらに自動登録されます。
      Wordファイルの本文に目次が埋め込まれていると、リンク設定のされた目次が作成され、リーダーアプリケーションが表示する目次にも登録されます。
    4. 本文の設定
      LeMEでの見出し設定は不要です。Wordファイル内に設定されている見出し(アウトラインレベル)を解析して自動設定します。
      「画像の取り扱い」は「全画面」を選択してください。
      挿絵の取り扱いに関する設定です。
      挿絵は、本文の配置したい場所に挿入します。このとき、画像の圧縮はかけないことが大切です。Word上での見かけと関係なく内部的に保持している画像をLeMEは使用します。
  3. 本の情報
    • 本の情報
      必須項目を入力します。
    • 本の仕様
      以下の項目を設定します。
      Wordのページ設定で縦書きになっていない場合は、「縦書き」を選択してください。

      • 綴じ方向:右綴じ
      • 書字方向:自動
      • レイアウト:リフロー
    • 補足
      Wordのページ設定で縦書きになっていない場合は、「縦書き」を選択してください。
      「見開き可」についてはお好みで選択してください。可を選択した場合、実際に見開きになるかはリーダーアプリしだいです。参考ですが、BOOK☆WALKERに登録されている角川系のラノベは「見開き不可」になっているようです。
  4. 作成
    出力ファイルを設定し「作成開始」ボタンを押します。
    小説-出力ファイル説明
  5. 保存
    これまでに設定した本の情報を保存して、再度読み出すことができます。
    ウインドウ左上のメニューボタンから「名前を付けて保存」を選択し、出力先を決定します。

手順(テキストの場合)

基本的にはWordの場合と同様です。

見出しや挿絵の埋め込み方は「テキスト編集のポイント(小説)」を参考にしてください。Wordから変換したときのような目次を作成することもできます。